ブシャール・ペール・エ・フィス

Bouchard Pere&Pils

フランス

ボーヌを代表する大ネゴシアン。
1995年に精力的なジョゼフ・アンリオ(ルイ・ヴィトン系列のシャンパン・ハウス)が買収。それにより、ブシャール家の家族経営は終わりを告げましたが、クリストフ・ブシャールは醸造責任者として現在も残っている。ブシャールはもともと巨大なドメーヌであり、かつ重要なネゴシアンでもあり、ドメーヌものは「ドメーヌ・デュ・シャトー・ド・ボーヌ」のラベルで出ていて、ボーヌに単独所有畑もいくつか所有しています。
買収したジョゼフ・アンリオはこの大ネゴシアンの大改革を行った。アンリオは「ヴーヴ・クリコ」のトップの時代にその品質を向上させる能力がはっきりと証明されていて、それらの改革の結果「ブシャール」のワインは著しく向上。ワインスペクテーター誌で、「1995年」の「ラ・ロマネ」はなんと95点という非常に高い得点を得ている。