ポメリー

Pommery

フランス

シャンパーニュのど真ん中にあるランスに居を置くポメリー社は1836年にナルシノ・グレノ氏により設立され、1856年にルイ・アレクサンドル・ポメリーが加わりポメリー・エ・グレノ社となり現在に至ります。数多いシャンパン・メゾンの中でも厳選された葡萄(白ぶどうのシャルドネ種ではアヴィーズ村、クラマン村、シラリー村の3村、黒ぶどうのピノ・ノワール種ではアイ村、ブーズィ村、マイィ村等が特に有名)を使用し、セラーはローマ時代の石灰岩の採掘場という最高の立地。また、2001年よりフランス醸造士協会の副会長であり、マン・オブ・ザ・イヤーにも輝いたティエリー・ガスコ氏を最高醸造責任者に置き、常に質の向上、シャンパン造りに情熱を注いでいます。